2009年01月20日

愛とは、恐れを手ばなすこと

おはニート。

最近風邪ひいたり、内職の方でバタバタしてたりしてて、
ブログ更新がおろそかになってしまった。
今後もしばらくは不定期、まったり更新が続くとは思うけど
ご了承くだされ。


今日紹介する本は、ちょっと今までとは違った話。








  (;^ω^)・・・とうとうそっちの世界にいってしまったか


ちょwwwそんな言い方すんなwwww


ま、まあ、人生の成功がどうの、夢がどうの、金がどうの、
とか言った本ばっか読んでいた自己啓発書オタクな俺が
突然こっちの本を紹介すると、少々アレかもしれないけど。

い、いや、でもね、俺、こういう本も読んでいるから!
前にも、斎藤一人さんの本紹介したりしているし。
しかも、読んでみると、結構似たような内容のことが書かれていたりするし。


  (;^ω^)人生の成功を語る本と、愛を語る本が、似ている?


文章の書かれ方、表現の方法、説明の仕方、そういうものはかなり違うし
かなり違ったことを言っている本に見えると思うけど、
でも、最終的に言いたいことや『真理』みたいなものは、かなり共通
するところがある、と感じるなあ。


あ、これはあくまで俺の感じ方だから、万人がそう感じるかどうか
定かではないなw


  (;^ω^)・・・


内容としては、

人を許しなさい とか
いつでも心のやすらぎを選択しなさい、とか
愛は与えることで、はじめて受け取れることができます、とか

なんか、そんな感じw

理屈で説明しようとすると、すごーく安っぽく聞こえるなw
まあ、こういうものは、文章を読んで、そのフワフワしたような
ものを、感じることが大事だと思うので。


  ( ^ω^)なんか、もうちょっとこの本を読みたくなるような紹介はできないのかお?w

う、うーんw
実はまだこの本買ったばかりで、ただいま消化の作業中。
だから、ちょっと、この本に対する評価は保留中、というかw


ただ、21世紀は、物質の時代から、精神の世界へシフトしている、
なんて言われるように、今から、そしてこれからの時代は
こういった話がどんどん重要視されるようになると思う。
信じるかどうかは置いておいて、こういった話に触れることは
無駄にはならないんじゃないかな?

本屋にいって、「愛」がどーだとか、「癒し」がどーだとか
「精神」が、「宇宙」が、とかそういった本、
勝手に「スピリチュアル系自己啓発書」なんて俺は分類しているけど
こういった本も読んでみるのは面白いお。


【こんな人にオススメ】
・精神的に満たされてないと感じている人
・最近「愛」とか「癒し」とかそういったキーワードが気になる人
・最近、神秘的な体験をしたことがある人w


【こんな人にはちょっと】
・こういったものが全て、くだらん戯言だ、と思う人
・少々、「お道徳」に聞こえるような文章なので、それがイチイチ勘に障る人
 (それが我慢できれば、そんな人にとっていい本になり得る本なのだが)


 ※面白かったら、ランキングにご協力頂けると幸いです。

posted by 有意 at 21:48 | Comment(5) | TrackBack(0) | 本の紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ニートじゃないじゃん
Posted by あ at 2009年01月21日 00:51
まったりでもわたし待ってる
Posted by at 2009年01月21日 18:36
久しぶりの更新ktkr
Posted by ごんた at 2009年01月22日 12:23
ブログ作っちまったからリンク攫いにきますた
問題あったら言ってくだされ
Posted by DD公社 at 2009年02月03日 00:20
>ニートじゃないじゃん
おはフリーターとか、おはワープワとか、語感悪いので・・・

>まってる
ありがと

>ごんた
いつもありがと

>DD
ゼンゼン問題はありませぬ。リンクありがとうございます。
Posted by 有意 at 2009年02月11日 00:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。