2009年02月18日

俺がニートになったわけH 些細な大変化

前回) からの続き


電車で吐き気したこと、苦しい思いがしたこと、得体の知れない黒い感情が襲ってきたこと
思わず逃げてしまったこと、自己啓発書なんか読んでも、自分を変えられないこと
苛立ち、不安、後悔、自責、いろんなものをぐだぐだ書きまくった。

3ページぐらいノンストップで、頭から思いつく言葉を書きなぐっていた。


なぜ俺はこんなにダメなのか。

なぜ俺はこんなにも怖いのか?一体何が怖いというか?

・・・怖い?

そうか、俺は怖いって思っていたのか。・・・何を?

まさか、大学行くことが・・・?

たかが、大学で研究が遅れている、その程度のことで?

まるで小学生みたいな理由で、たったそんなことで、

俺はこんなに取り乱しているというのか・・・?


と、こんなことを書いているうちに、俺は光を見た。
ずっと苦しんでいた、苦しみの正体、謎が氷解した瞬間だった。


ああ、そうだったのか!!


俺は、怖かったんだ!!


何を怖がっているか、もう、それを知ることすら怖かった

怖がっている自分を認めること、それが一番怖かったんだ!

 

気がついたら、目に涙が浮かんでいた。マンガみたいにボロボロ涙をこぼしたりは
しなかったが、じんわりと浮かんだ涙がやけに熱かったのが印象的だった。


やけに心の中が晴れやかになった。ここまでスカっとした気分になったのは
何時以来だろうか?
何か、急に行動に起こしたい気分になった。
でも学校行くのは怖かったので、その日たまたま休日だった友人T氏にメール送った。

「学校行くつもりだったんだけど、なんかダルくなっちゃってサボっちったwww
 午後から大宮でゲーセンいかない?ww」


この「ダルくなってサボった」って言葉をサラっといえるようになった、
そんな自分の変化が嬉しかった


学校行けなくて悩んでいたはずなのに、悩んだ結論が、学校をサボることw
今考えてもなんだそりゃwwwって感じなのだが、
自分の中ではものすごい変化だったのだ。


(つづく)



 ※面白かったら、ランキングにご協力頂けると幸いです。

posted by 有意 at 12:16 | Comment(3) | TrackBack(0) | 俺がニートになったわけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
再開してありがとう
楽しみにみさせていただいております
Posted by at 2009年02月18日 01:43
いつも読んで頂いてありがとうございます。
励みにさせていただいておりますw

少しだけ書き溜めてあるので、あと数回は毎日更新できそうです。

・・・あと数回で終了する予定だったのですが、
思ったよりも細かく詳しく書いてしまってw
Posted by 有意のニート at 2009年02月18日 04:26
知ってるか?涙の温度ってそのときの気持ちと同じなんだぜ?
Posted by at 2009年02月18日 12:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。