2009年05月12日

ジョブカフェに行ってきたwwwww 〜前置きが長いんだよ!編〜

こんばんニー。

さて、前回の続き。
なんとか勇気をふりしぼり、総合受付のおねーちゃんに
「初めてきました」と伝えた。

すると、いきなり紙を出して、
「ここにお名前、住所、電話番号、以下のアンケート項目に記入してください」と言われた。

あぁん?そんな紙じゃなくて、コーヒー出せよ!? と、0.1秒ほど思った。

『あの、ジョブカフェがあるって聞いて来たんですけど』
「はい、3階がヤングセンターになっていまして、そこにございます」
『えーっと、これ書かないと入れないの?』
「はい。当センターを利用する際に、センター利用証をお作りする必要がございます。
こちらはそれをお作りするのに必要な項目になりますので・・・」

『あー、わかりました。』


少なくとも、東京のジョブカフェは「コーヒーを飲む気軽さで仕事探し」は出来なさそうだ。
なんか、こういうのに書くと、変なメルマガとか、郵便で変な就職情報が家に来たりとか、
突然電話がかかってきたりとか。そういうのがありそうな気がするので、
ちょっと警戒してしまう。書くけど。
(一応そういうのは、希望する、というチェックを入れなければ一切来ないようになっている)

それを書いたら、利用証が出てきて、「それを持って、総合相談に行って下さい」
と言われた。ジョブカフェへの道は遠そうだw


IMAG0037 

なにこのお役所っぽいところ。
とてもコーヒーは出てきそうにない。

そして紙を渡すと、「あちらにおかけになってお待ち下さい」と言われる。
多少たらいまわしにされる仕組みになっているようだ。仕方がないから待つ。
総合相談のカウンター数は6だったか7だったか、そのくらい。
木曜の午後6時くらいに来たのだが、カウンターには一人も話していなく、
すぐに俺の順番が回ってきた。

「2番でお待ちの方、カウンターでどうぞ」

なんか、ちょっと事務的で冷たい感じのおばちゃんが出てきた。
そして「当東京しごとセンターの施設説明を簡単にさせて頂きます」
といい、慣れた口調で説明トークがスタートした。

「東京しごとセンターは厚生労働省が行っているハローワークとは異なります
 当センターは東京都の主催でして・・・
 1階が総合受付、3階がヤングのセンターになってまして、34歳以下の人対象に・・・
 ・・・〜〜もできます。○○もできます。こちら基本的に全て無料で・・・
 ・・・まずは、こちらの紙をもって、3階にお越し下さい。そこでカウンセリングを受けてください・・・」


・・・正直ダルいw

まあ、俺はジョブカフェの内情をレポってみようって任務があるから、
東京しごとセンターがどういうものなのか、というのは知っておく必要あるし、
興味もある。が、一般的なニートには、そんな情報なんかいらなくて、

「で?能書きはいいから、何が出来るのおたくら?」

といいたくなるところだろう。

・・・まあ、そんな不遜な態度を示せるほど度胸があるわけでもない俺は、
黙って話を聞いておいた。話を聞いてみると、別にここはニートや
若者向けの就業支援だけじゃなくて、中高年や、主婦の方とか、
そういった方も対象な、総合就業支援の施設のようだ。


10分ほど話を聞かされ、ようやく3階を利用するための紙を渡された。
さーて、3階に行くぞ。


(つづく)



 ※面白かったら、ランキングにご協力頂けると幸いです。

posted by 有意 at 01:12 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
引っ張るなww
Posted by at 2009年05月12日 15:32
つまんね
Posted by at 2014年08月25日 16:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。